Serenity Now

現代を息づく新・旅館デザイン

どんなに国際的な生活を送っていようと、上質な旅の魅力を知る人なら、やっぱり日本が世界に誇る旅館カルチャーにも精通していたいもの。

奈良時代に始まったとされる“旅館”という宿とその文化。日本ならではの伝統的な宿泊施設であり、今や世界の旅好き人口からも注目されるホスピタリティ文化となっています。伝統的な素材で作られた空間は、穏やかさや和やかさに溢れ、温泉や丁寧に真心込めて用意された料理と共に、旅路(&現代人の日常生活)の疲れを癒してくれます。近年はそんな、当たり前に思えるほどシンプルながら贅沢な旅館のフォーミュラを、モダンな視点で解釈して生まれた次世代デザインの旅館も登場。旅行するなら国内より海外という人も、一度は訪れてみたいと思う宿が見つかるはず。

坐忘林

北海道|ニセコ

Zaborin - boutique hotel in Hokkaido

周りの自然環境にすっと溶け込む佇まいや、見事な会席料理から察する限り、ここ「坐忘林(ざぼうりん)」はれっきとした旅館と言えましょう。でも、この宿の仕掛け人となったのは、日本文化に魅せられたイギリス人デュオ。打ちっぱなしのコンクリートが目立つすっきりとした館内は、間違いなく和風なのにどこまでもモダンな印象で、国際性を増すニセコにぴったりの一軒です。

 

あさば

静岡県|伊豆・修善寺

Asaba - boutique hotel in Izu Peninsula

創業から500年以上経つ老舗ながら、古臭さとは全く無縁の温泉宿「あさば」。これぞ純旅館、といった歴史香る佇まいの表玄関に、幽玄の美を感じさせる能舞台。畳の匂いが爽やかな客室は、ほとんどが源泉掛け流し風呂付きで、純和風な空間にもどこかしら国際性を感じさせます。また、池に面したサロンは、白い壁と調度品がふと地中海のリゾートを彷彿とさせ、その上品かつ大胆なコントラストにハッとさせられるはず。

 

arcana izu

静岡県|伊豆・湯ヶ島

Arcana Izu - boutique hotel in Izu Peninsula

和の伝統を基盤にしながら、伝統的な宿よりもホテルに慣れた国際人&現代人もすっと馴染めるようデザインされた「arcana izu(アルカナイズ)」。館内のレストランでは、建物の裏手に広がる緑と狩野川の清流を眺めながら、地元の食材を活かしたフレンチメニューに舌鼓。心癒されるこの景色は、全客室に用意された専用露天風呂からも満喫できます。

 

瀬戸内リトリート 青凪

愛媛県|道後温泉

Setouchi Retreat Aonagi - boutique hotel in Matsuyama

全室スイートの「瀬戸内リトリート 青凪(あおなぎ)」は、安藤忠雄らしい都会的な建築が目を惹くゴージャスな一件。半露天付きスイートや温泉ジャグジー、旬の味を活かした会席料理が主役となったミニマリストなダイニングルーム。コンクリートとガラスや鉄筋を存分に用いた、全くもって現代的な空間の中で、さり気なく見え隠れする和の要素が旅館スピリットを感じさせます。

 

里山十帖

新潟県|越後湯沢

Satoyama Jujo - boutique hotel in Niigata

昔ばなしに出てきそうな山里風景の中に佇む古民家を、大胆なまでに近代的なセンスで改築した「里山十帖(さとやまじゅうじょう)」。応接館は、新潟の雪深い冬を150年以上にも渡って耐えてきた重量感ある柱や梁が魅力。一方、客室館では、主に北欧のデザイナーズ家具で揃えた国際的なスタイルの空間がゲストを迎えます。自慢の露天風呂では迫力ある景色をご満喫あれ。

 

別邸 音信

山口県|長門温泉

Bettei Otozure - boutique hotel in Nagato

“湯治モダン”をコンセプトに掲げた「別邸 音信(べっていおとずれ)」は、旅館というより、和風の別荘といった雰囲気。館内は、すっきりとした直線とダークウッド、間接照明が目立つダンディーな印象で、長めの滞在でも飽きのこないデザインになっています。客室の専用露天風呂も魅力だけれど、プチ湯治を楽しむならもちろん大浴場での湯浴みもお忘れなく。

 

アマネム

三重県|伊勢志摩

Amanemu - boutique hotel in Shima-shi

伊勢志摩国立公園内に登場した「アマネム(Amanemu)」は、同ホテルグループが得意とする超高級リゾートを超高級旅館の要素を持って作り上げた、最高峰の旅館リゾート、と呼ぶべき一軒。昔ながらの旅館滞在同様、ゆっくりと流れる時間に身を任せて寛ぐ贅沢。そして、都会的なまでに洗練されたデザイン性とサービスは、21世紀だから実現できる理想郷の図かもしれません。

 

沼津倶楽部

静岡県|沼津

Numazu Club - boutique hotel in Numazu

松林と手入れの届いた庭園に囲まれた「沼津倶楽部(ぬまづくらぶ)」。1907年に建造された数寄屋造りの建物を丁寧に修復し完成させた和館と、その趣を邪魔することなく2006年に造られた客室館は、どちらもシンプルな中に贅沢を感じさせる粋な空間。温泉ではなくとも、客室に用意されたヒノキの内風呂や、和館の茶室など上質な寛ぎを楽しめるスペースには事欠かない一軒です。

 

有馬山叢 御所別墅

兵庫県|有馬温泉

Arimasansoh Goshobessho - boutique hotel in Kobe

六甲山の麓に佇む「有馬山叢 御所別墅(ありまさんしょう ごしょべっしょ)」。離れにある大浴場では有馬温泉の濁り湯が源泉掛け流しで楽しめ、敷地内に並ぶ木造の平屋や飛び石を敷いた小道は、いかにも情緒溢れる旅館・・・風。けれど一歩中へ入ると、どこかアルプスの山荘やブルゴーニュ地方のオーベルジュを彷彿とさせる空間が広がり、この宿があえて旅館を自称していないのも納得できるはず。

 

べにや無可有

石川県|加賀温泉

Beniya Mukayu - boutique hotel in Kaga-Onsen

山代温泉の高台にある閑静な「べにや無可有(べにやむかゆう)」。白を大胆に使ったロビーに始まり、ハンモックの設置が可能な客室の月見台など、すっきりとした空間に現代的な感性がキラリ。同時に、さり気ないおもてなしの姿勢から、料理が盛られた九谷焼の器まで、細やかな丁寧さとこだわりを持ったディテールが、これぞモダン旅館と思わせてくれる一件です。